インプラントと入れ歯でどちらがいいですか?

こんにちは!入れ歯が患者さんの人生を変えると信じている歯科医師山中です。

普段の臨床の中でタイトルの通りの質問を受けることが多々あります。

お答えする上で、とても大切になってくるキーワードがあります。

「お口の清掃状態の管理能力」と「入れ歯をつける煩わしさへの抵抗力」です。

質問の角度を変えてお話していきましょう。

インプラントと入れ歯、どちらが噛めるようになるの?っというご質問だったとします。

両方とも名医がやること前提で言えば、

インプラントの方が硬いものを痛くなく噛めるようになります。

インプラント治療と入れ歯治療、双方共に良好な技工物を製作するとします。

入れ歯をどんなに顎の粘膜に吸着させても、骨に直接固定するインプラントと比較すると、どうしてもインプラントの方がしっかりと物を噛み切れます。

しかしながらインプラント治療をすることで課題になってくるのはインプラントのオペ後に「定期的なメンテナンスが必要になってくる」ということです。

インプラントは直接骨に人工物を埋入するため、その周囲を不潔にすると、どうしても感染が起こってしまいます。

(天然の自分の歯と比較して、感染し易いかと言えばそうではありませんが。)したがってインプラントの寿命を長く保ちたいのであれば、定期的な歯のクリーニングが必要になってきます。

人生は長く、長く生きていれば歯ブラシを自分一人で出来なくなってしまう未来がいつか必ず来ます。定期的な歯のメンテナンスにこれなくなってしまう日も来るかも知れません。したがって、

お口の清掃状態に不安を感じてしまう患者さんにはインプラント治療はオススメしません。

したがってお口の中が歯垢(プラーク )でいっぱいな患者さんや、御高齢で御自身のお口のお掃除が難しいような患者さんにはインプラント治療は致しません。

しかしながら入れ歯治療をどうしても受けいれられない方もいらっしゃいます。

入れ歯をしている患者さんで一番ハードルになることはなんだと思いますか?

あまりに当然かも知れませんが

入れ歯を入れるのが面倒臭いということです。

口の中に大きい人工物が入ることにどうしても抵抗があるのは本当にお気持ち、痛いほどわかります。(筆者も入れ歯を入れておりますので)

しかしその壁を乗り越えて、使い慣れていただけると入れ歯は本当に良いパートナーになってくれるのです。

したがって「入れ歯を入れるのが面倒臭い、入れて食事をするのが耐えられない」という方にはインプラント治療をオススメしています。

一番良くないのは「歯が抜けたところをそのまま放置する」という選択肢です。放置すれば歯並びは崩壊の一途を辿り、数年後に、更に大きな侵襲を伴った処置が必要になります。

今日のお話はいかがだったでしょうか。

是非ご自身にあった治療を選択されるようになさってください。

保険の入れ歯はどこで作っても同じなの?

初めての記事になります。入れ歯が患者さんの人生を変えると信じている歯科医師山中です。

タイトル通りの質問を患者さんから受けることが少なからずあります。

「保険の入れ歯はどこで作っても同じなの?」

きっと保険の入れ歯を一度作られて、いざ御飯を食べてみよう!っとなったときに保険の入れ歯の「異物感」、「痛み」、「咀嚼の度に義歯が浮かび上がる」「入れ歯の下にご飯がたくさん入り込んでしまう」などのそういった不具合に悩み「保険の入れ歯はこんなに噛めない物なのか!?」っとガッカリされている方が多いのでは無いでしょうか。

この「保険の入れ歯はどこで作っても同じなのか?」この質問にまずお答えしましょう。

結論からいうと答えはNOです!保険の入れ歯とて、やはり製作者によって全く同じコンセプトで作られることは無いからです。

バネの強さや形状も製作者によって違います。床と呼ばれるピンクの歯茎部分を担う入れ歯の形態も製作者によって異なります。

(しかし残念ながら保険治療で選択できる材料の性質から「薄さ」や「強固さ」「熱伝導率」「審美性」などには限界があり、全ての患者さんの悩みを解決できるかと言えばそうでは無いことは大前提ですが)

欠損補綴治療:つまり歯が無くなってしまったところに人工物の歯を足す治療(入れ歯治療のことですね難しく言ってすいません)。この治療で一番大切なことは「残っている歯の環境をいかに整えるか」にかかってきます。

部分入れ歯を作ったのに全く噛めない。という患者さんではこの周囲の歯の治療をスキップしている方が本当に多いのです。

どういうこと?と思われる方が多いかも知れませんのでご説明いたします。

このようなお口の患者さんがいらっしゃり、歯が無くなってしまったところに入れ歯を作りたいとのことでした。上下の奥歯に歯が無いところがあるのがわかるかと思います。

このまま周りの歯を治療せずに部分入れ歯を入れるとすると、上記で触れた

「異物感」、「痛み」、「咀嚼の度に義歯が浮かび上がる」「入れ歯の下にご飯がたくさん入り込んでしまう」などの主訴が出てきてしまうことになります。何故なら

わかりますでしょうか。赤い矢印の幅の部分にこのままん部分入れ歯を入れるのに、ほとんどスペースが無いことを。

長く歯が無い状態を放置していると反対側の歯が伸びてきてしまいデンチャー スペース(入れ歯が入るスペース)を押し潰してしまうからなんです。

このままのデンチャー スペースで入れ歯を作るとぺらぺらの薄い入れ歯が出来上がってしまいます。左右の噛み合わせの高さも不均等で、噛む度にギュっとズレてしまいます。痛みも出るし浮き上がるしご飯も入るでしょう。そうならないように部分入れ歯を作る前に左右不均等な高さになってしまった被せ物から手を付ける必要があるのです。(被せ物をやり直したりして歯の高さを揃える治療です。)

欠損補綴治療で大切なのは周りの歯の環境を整えることです。

保険の治療でも自費の治療でも言えることですが、噛める入れ歯を作るためには歯がなくなっているところだけに着目するのではなく、口の中全体の噛み合わせを俯瞰して見ることが必要になります。

「部分入れ歯を製作したのに全く噛めない」という患者さんは、噛み合わせが壊れてしまっていることが多いです。

入れ歯でお困りの方は、まず鏡でご自分の口の歯並びを見てみてください。

歯の高さが左右不均等になっていませんか?歯がなくっているところの相手の歯が飛び出していませんか?気付いたらかなり前歯がせり出して出っ歯になっていませんか?

お口の中の噛み合わせに不安があったり、入れ歯を入れたのに全く合わなかったという患者さんは是非一度ご相談ください。

山中歯科医院 山中佑介 https://www.yamanakashika.org/

はじめまして!

これは最初の投稿です。私は入れ歯が患者さんの人生を変えると信じています。今あまり噛めない入れ歯を使用している患者さん、普通の食事を食べたいと願っている患者さんに少しでも役にたつことができればと思いブログを立ち上げました。

それでは、ブログをお楽しみください !